IPOを中心としたローリスク投資から仮想通貨へ

Next Stage

仮想通貨

仮想通貨(暗号通貨)投資の始め方と絶対におさえておきたい安全な管理方法

更新日:

「仮想通貨は結局儲かるの?」
「コインチェックで仮想通貨が盗まれる事件があったけど、仮想通貨って安全なの?」
「仮想通貨はどうやって投資するの?」

2017年仮想通貨のテレビコマーシャルをたくさんみるようになったかと思えば、コインチェックという仮想通貨取引所のハッキング事件で仮想通貨「NEM」が盗まれる事件も発生しました。

Yahooニュースにも連日取り上げられていましたので、いい意味でも悪い意味でも2017年は仮想通貨元年といわれるのにふさわしい年となりました。

仮想通貨はキャッシュレス社会の中で、確実に成長する市場ですので、「仮想通貨をはじめてみようかな・・・」という人が、今後どんどん増えていくことは明らかです。

DICE
こんにちは。
2015年末に、あるキャンペーンをきっかけにビットコインを購入し、仮想通貨および、仮想通貨を支えているブロックチェーン技術の凄さに魅了された「NextStage」運営者のDICEです。

この記事をご覧になっているということは、あなたが今まさに「仮想通貨をはじめてみようかな・・・ でも、仮想通貨って何なんだろう・・・ コインチェックのニュースをみたけど、危険なんじゃないかな?・・・」と悩んでいるのかもしれませんね。

仮想通貨はブロックチェーンという小難しい技術の上に成り立っているものです。
よく分からないものは怖いというのが人間の心理ですが、理解してしまえば、これほど将来性のある投資先はないでしょう。

この記事では、まずは仮想通貨を投資できるレベルで理解し、その成長性と投資価値について説明します。
さらに、仮想通貨への具体的な投資方法と、仮想通貨の安全な管理方法まで説明します。

この記事で仮想通貨投資の全体像を掴めるようにしていきますので、最後までお付き合いください。

それでは参りましょう。

仮想通貨(暗号通貨)を投資できるレベルで理解する

正しくは暗号通貨(crypto currency)ですが、仮想通貨(virtual currency)という名称が日本では先に広まってしまいましたので、仮想通貨という言葉のほうを優先して使うことにします。

冒頭に述べましたが、仮想通貨はブロックチェーンという小難しい技術の上に成り立っています。
仮想通貨を理解するためには、本当はブロックチェーン技術をについて深く理解する必要があります。
しかし、ブロックチェーン技術について深く理解しようとすると、途中で挫折してしまう人が多いため、投資できるレベルで全体像を理解することから始めましょう。

仮想通貨と円やドルなどの法定通貨の違い

まず、仮想通貨と円やドルなどの法定通貨の違いからです。

円やドルなどの紙幣はただの紙なのに、なぜ価値があるものと認識されているのでしょうか?

それは、円やドルは国(日本銀行)という巨大な組織が発行し、価値を担保しているからです。
あまりに大きな話で現実感がないかもしれませんが、日本が破綻すると、円の価値はなくなり、ただの紙クズとなります。
管理者がいる通貨を中央集権型通貨といいます。
国の状況や経済の状況をみて、日本銀行は新しく通貨を発行したりして、日本経済を安定化させようとします。
貨幣供給量のコントロールを誤ると、経済が崩壊するリスクがあるのです。

仮想通貨はこの中央集権型通貨に対して問題提起して開発された非中央集権型の通貨です。
ビットコインをはじめとする仮想通貨には特定の管理者がいないことが大きな特徴です。

仮想通貨の供給量はプログラムによって上限が決められているため、管理者が勝手に供給量を増やしたり、減らしたりすることはできません。
さらに通貨の取引履歴がすべて台帳に記録されるのですが、この取引台帳を管理しているのが、特定の管理者ではなく、世界中のコンピュータによって管理されているため、非中央集権型といわれています。
この台帳は誰でも内容を確認することができます。

管理しているコンピュータの1台が潰れてしまってもなんの問題もなく、その他の人で補完し合って仮想通貨を保証していきます。

仮想通貨と電子マネーの違い

よく混同しがちですが、仮想通貨とSuica、Edy、WAONなどの電子マネーは違います。
電子マネーはどちらかというと、円やドルに近くて、特定の運営会社が発行し、自分たちの経済圏をつくって、その中で行動する限りは利用者を優遇していくという考え方にもとづいています。

楽天を想像すると分かりやすいのではないでしょうか。


参照元:楽天

楽天が破綻すると、この経済圏は崩れ去り、楽天ポイントの価値が失われます。
電子マネーは中央集権型通貨に近いのです。

仮想通貨を送金すると取引台帳に記載される

仮想通貨をAさんからBさんに送金するためには、その取引内容を世界中のコンピュータで相互に管理している取引台帳に追記することが必要になります。
この追記作業は簡単にできるものではなく、膨大な計算量が必要です。
この取引台帳への取引履歴の追加作業に協力してくれたコンピュータ(人)には、その報酬として仮想通貨が支払われます。
この作業は一般的にマイニング(採掘)と呼ばれています。
マイニングに特化したコンピュータを開発して稼働させ、仮想通貨の報酬を得るビジネスを行なっている人もいます。
設備費と電気代よりも、マイニングによって受けると仮想通貨の価値が大きければビジネスとして成立するというわけです。

仮想通貨に関しては、まずこれくらいの知識は最低限おさえておきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)の成長性と投資価値

次に仮想通貨の成長性についての見解を説明します。
最終的には投資先として価値があるのかどうかを自身で判断することになります。

キャッシュレス社会に向かうことは明らか

日本人はまだまだ現金で支払いをしていることが多いです。
(土地取引の手付金の支払いで何百万円も現金で手渡しする風習には笑ってしまいます)

しかし、世界では日本人の想像以上にキャッシュレス化が進んでいます。
特に最近中国のキャッシュレス化が凄まじく、露店でも電子マネーが利用できます。
スウェーデンは98%がキャッシュレスになっていて、現金お断りのお店もあるのには驚きです。
国をあげてキャッシュレス化を推進すると一気に進みますね。

現金は製造するのにはコストもかかりますし、偽札の心配もしないといけません。
これだけデジタル化が進んできた今、キャッシュレス化の流れは止められないのです。

電子マネーでも確かにキャッシュレス化になりますが、やはり非中央集権型の仮想通貨のほうが将来性があると思います。

仮想通貨はイノベータ理論でどの位置にいるのか?

よく新規ビジネスで語られるイノベータ理論に仮想通貨をあてはめて考えてみます。
新しい技術や新しいビジネスモデルが世の中に広まるときは、必ずこのイノベータ理論にあてはめて議論されます。

イノベータ理論とは?

新しいサービスや商品のライフサイクルは次のイノベーションのベルカーブで説明されます。

イノベータ:新しいものを積極的に採用する人。(2.5%)
アーリーアダプタ:新しい情報を収集し、一定の判断をして採用する人。インフルエンサー。(13.5%)
アーリーマジョリティ:比較的慎重に採用を判断するが、全体の中では早めに採用する人。(34.0%)
レイトマジョリティ:比較的懐疑的な人で、大多数が採用した後に、遅れて採用する人。(34.0%)
ラガード:保守的な人で最終的に採用しない人(16.0%)

※アーリーアダプタとアーリーマジョリティの間には大きな溝があります。
これをキャズムといいます。
ほとんどの新しいサービスや商品はキャズムを越えることができずに消えていきます。

分かりやすいように、スマートフォンの普及にあてはめて考えてみます。

イノベーター:初代iPhoneを迷わず購入した人
アーリーアダプタ:iPhone3Gを購入した人
アーリーマジョリティ:iPhone4を購入した人
レイトマジョリティ:周りの人がスマホを持っているのをみてスマホを購入した人
ラガード:いまだにガラケーの人

スマートフォン普及時のキャズムは、
・回線速度の高速化(インフラ整備)
・アプリの数が増えたこと
でしょうか。

仮想通貨をイノベータ理論にあてはめて考えてみる

仮想通貨がイノベーションのベルカーブの中でどこに位置しているかというと、まだアーリーアダプタの位置にいて、まだキャズムを超えていません。

仮想通貨のキャズムは
・セキュリティ
・法整備
ではないでしょうか。

もしこの先キャズムを超えたとすると、仮想通貨は爆発的に広まります。
それに伴って仮想通貨の価値は2倍、3倍どころではなく、何十倍にもなる可能性が十分にあります。

どんな仮想通貨でも価値があるのか?

仮想通貨は間違いなくキャズムを越えると思っていますし、仮想通貨市場全体は確実に成長するとみています。
現在、数えきれないくらいの種類の仮想通貨が発行されているのですが、どんな仮想通貨にも価値があるのでしょうか?

答えは「No」です。

ビットコインの将来性は?

テレビコマーシャルの影響もあり、
「仮想通貨 = ビットコイン」
と勘違いしている人も大勢いるのではないでしょうか。

これは取引所のマーケティングの問題で、仮想通貨の中でも最も普及している「ビットコイン」という言葉を使った方が、より多くのユーザを獲得でき、広告費の費用対効果が高いためです。

ビットコインが仮想通貨の中で最も取引されているのは間違いありません。
仮想通貨の先駆けがビットコインであったことも疑うことのない事実です。

ただし、ビットコインは古い技術であるがゆえに、欠点があります。

送金手数料が高くなってしまった

ビットコインが開発された当初は送金手数料の安さが大きなメリットでした。

前述したようにビットコインを送金するということは、ビットコイン台帳に取引履歴を追記することです。
これにはマイニング作業が必要になり、マイニングしてくれた人に報酬を手数料として支払う必要があります。

例えば、国内最大手の取引所bitFlyerを経由した場合のビットコイン送金の手数料は0.0008BTCです。
1BTCの価格が100万円の場合、800円の手数料を支払うことになります。
1BTCの価値が1万円のときは手数料が8円だったのが、今は100倍となっているわけです。

ビットコインの処理は10分間間隔

ビットコインの仕様で、送金が承認されるまで、最低10分間待たされます。
これはビットコインの仕様なのでどうしようもありません。

例えば、お店でビットコインで支払いしようとした場合には、最低10分間待つ必要があるのです。
電子マネーのように、一瞬で決済が完了するものではないので、普段の買い物で電子マネーの代わりにはなり得ないと思います。

たしかに現在のビットコインの取引量は仮想通貨の中では最も多いのですが、優れた仮想通貨のアルゴリズムが次々と開発されていて、長期的にみると、ビットコインに投資することに関しては私は懐疑的です。

将来性のあるコインに分散して長期投資すべき

仮想通貨市場自体は成長するはずなので、将来的に安定したコインに長期投資するのが最前策です。

私が長期投資コインとして有力視しているのは2つです。
現時点で長期投資するならこの2つでいいのではないかと思っているくらいです。
特にリップルには大注目しています。

リップル


リップルはビットコインのような仮想通貨とは少し性質が異なっているのですが、時価総額が3位のコインです。

仮想通貨送金のブリッジ通貨になり採用されている技術を多くの大企業が高く評価しており、将来性としては抜群です。

Googleをはじめとする大企業が次々と出資していることと、世界の名だたる銀行がリップルの送金システム(ILP:通貨と通貨を繋げるシステム)の採用を決めています。

これが私が長期投資向きだと考える最も大きな理由です。

日本では「MUFG」「みずほ」「SBI」が時代の流れに乗り遅れないように、巨額の投資をして独自コインの開発を進めていますが、独自コインから他のコインに交換する際にリップル技術を採用することを決定しています。

また、異なる仮想通貨を交換する際にリップル送金システムを利用すると、たったの5秒で通貨の交換ができます。
ビットコインは原理的に最低10分かかるのに対し、たったの5秒で送金できるため、非常に高い利便性があります。

イーサリアム


イーサリアムはビットコインの特徴にプラスαの機能を加えたコインで、時価総額が2位のコインです。

スマートコントラクトで様々な取引情報を保存できることがイーサリアムの大きな特徴です。
ビットコインは取引履歴のみしか記録できないのに対して、イーサリアムは「契約情報」まで記録として残すことができます。

例えば、
「AさんがBさんに100万円送金した」
という履歴だけを残せるのがビットコインであるのに対して、
「AさんがBさんに100万円送金した。1年後にBさんはAさんに105万円返金するという約束(契約)をした。」
という契約が履歴として残せるのがイーサリアムの特徴です。

これは企業と個人との取引にも使い勝手がいい仕組みですので、今後の成長が期待できます。

草コイン投資は未公開株投資と同じ


世の中には次々と新しいコインが産まれています。
明確な定義はありませんが、開発されて間もなく、価格が安いコインのことを草コイン(Shit coin)といいます。
しかし、すべてのコインがどんどん成長するかというと、ほとんどコインが消えていきます。

仮想通貨をブログ等で取り上げるときのトークとして、価格が何百倍、何千倍になったと煽っている人がいます。
たしかにコインの中にはそんなコインも存在しますし、これからもでてくるでしょう。
しかし、それは多くの屍の上に立っているということを認識しておくべきです。

イメージとしては未公開株投資と同じです。
ギャンブル的に遊びで買うのはいいと思いますが、長期的にしっかりと資産を築きたいなら、わざわざ手を出す必要もないと思います。

仮想通貨(暗号通貨)の投資方法と完全な保管方法

仮想通貨に投資するのは随分と簡単になりました。
ただし、自分が保有する仮想通貨の保管には十分注意する必要があります。
仮想通貨の保管知識がない人を狙った詐欺やハッキングが横行しているのは事実です。
コインチェックもハッキングにより、仮想通貨NEMを盗まれましたが、このような被害は自分で防ぐしかありません。

仮想通貨への投資方法

仮想通貨投資を始める3ステップ

  • STEP1. 取引所に登録
  • STEP2. 円を入金
  • STEP3. 仮想通貨を購入

取引所によって購入できるコインも異なりますし、システムトラブル等で取引所が突然使えなくなる場合もありますので、リスク分散の意味でも5つの取引所は開設しておくべきです。

取引所 ビットコイン イーサリアム リップル 特徴を一言で
bitFlyer(ビットフライヤー) - 国内最大手
GMOコイン 運営会社の資本力
DMM Bitcoin 運営会社の資本力
Zaif(ザイフ) - 積立投資が特徴
bitbank(ビットバンク) 保険で

短期トレードはオススメできない。長期投資がベストの解。

仮想通貨市場は足元は乱高下しますが、将来的に間違いなく成長していくので、長期投資するのが正しい投資方法です。
価格が乱高下していますので、短期トレードでもうまくすれば利益はでますが、まだまだ法整備が進んでいませんし、税金面でもまったく優遇されていません。

仮想通貨の取引ででた利益は雑所得として取り扱われるため、非常に税率が高いです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1800万円以下 33% 1,536,000円
1800万円を超え4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円超 45% 4,796,000円

さらに、住民税が約10%とられます。

雑所得は本当に不利で、損益通算ができません。
株式の譲渡課税の税制の場合は、3年間損益通算できます。

株式の場合、例えば、2017年に1000万円の損失がでたとして、2018年に1000万円の利益が出たとした場合、2017年の損失と2018年の利益は損益通算できますので、2018年分の利益の税金は払う必要はありません。

しかし、仮想通貨の場合、2017年に1000万円の損失がでたとして、2018年に1000万円の利益が出たとした場合、2017年の損失と2018年の利益は損益通算できませんので、2018年の利益分の税金約430万円を払う必要があるのです。

短期トレードするくらいなら、仮想通貨をするよりも、IPOのセカンダリー投資を極めた方がはるかにマシです。

仮想通貨は利益確定した時点で課税されるため、長期的に買い続けておけば税金は発生しません。
将来的に仮想通貨が市民権を得れば、どうせ税制も変わりますので、そのときまでじっくり積立でもして保有しておけばいいのです。

仮想通貨の安全な管理方法

仮想通貨は長期投資する上では、管理方法が最も重要です。
どのコインを買うか悩むよりも、はるかに重要です。

仮想通貨を取引所任せで管理していると、コインチェックのようなハッキング事件が発生したときに、資産をすべて失うリスクがあります。
コインチェックはたまたまお客さんに補填するだけの利益をあげていたので、運良く資産がお客さんの手元にもどってきましたが、コインチェックが破産していたら、コインチェックが管理していたお客さんの資産は補填されません。
銀行が破綻したときに1,000万円まで補填されるペイオフのような法律はまだないのです。

でも安心してください。
仮想通貨には安全な管理方法があります。

取引所に預けている状態は危険

まず、取引所に大量の仮想通貨を預けている状態は非常に危険な状況と考えてください。
取引所という巨大な金庫の中にあなたのコインを預けているような状態です。
ハッキングにあって金庫の中身ごと盗まれたのが、コインチェックです。
しかも、コインチェックは金庫の鍵をオンラインでアクセスできる場所に置いておいたのです。
ハッカーはまずこの鍵をみつけ、その鍵で金庫をあけてからNEMというコインを盗んでいったのです。
本来、鍵はオンラインでアクセスできる場所においておくべきではありません。

コインは自分の金庫に保管しておくべき

コインは取引所の金庫に預けておくのではなく、取引所の金庫から自分の金庫に移して、自分で保管しておくべきです。
正確にいうと、自分の金庫はブロックチェーンネットワーク上においておいて、その金庫の鍵をオフラインで保管しておくことになります。

自分の金庫の鍵をオフラインで保管する方法

金庫の鍵をオフラインで保管する方法が「ハードウェアウォレット」という方法です。
正確には「秘密鍵」といって、この秘密鍵さえあれば、ブロックチェーンネットワーク上においたコインの金庫を開くことができます。逆にこの秘密鍵を無くしてしまうと、永久にコインを取り出すことができません。

ハードウェアウォレットは必ず正規代理店から購入するようにしましょう。
絶対にAmazonや中古で購入してはいけません。
ハードウェアウォレットを悪用して、コインが盗まれることがあります。

ハードウェアウォレットはいくつか種類がありますが、対応コインの種類が多いLedgerでOKです。
国内の正規代理店はいくつかありますが例えば、Earth Shipで購入するといいでしょう。

ハードウェアウォレットの最も安全な保管方法


ハードウェアウォレットの最も安全な保管方法は銀行の「貸金庫」に預けることです。
年間1万円〜2万円程度で預けることができます。
大手銀行の貸金庫に空きがない場合は、地方銀行や信用金庫の貸金庫を探しましょう。
これが最も安全な保管方法です。

3大メガバンクの貸金庫は下記になります。

最後に

仮想通貨はイノベーションのベルカーブで、まだアーリーアダプタの段階です。
キャズムを超えられずに普及しないという人もいますが、私はまったく逆の意見です。
世界的にはキャッシュレス社会がどんどん広がっています。日本はどちらかというと取り残されています。
また、非中央集権型で保証していくという素晴らしい技術の上で成立する仮想通貨は本当にすごいです。
この技術をつくった人は本当に天才だと思います。

これから長期投資するなら将来基軸通貨になる可能性のある仮想通貨です。

  • この記事を書いた人

DICE

2004年から株式投資をはじめる。 2006年からIPO投資をスタート後、ローリスク投資を中心に研究。 IPOの他に、株主優待、PO(公募増資、売出)、立会外分売を始めとするローリスク投資手法を確立し、運用利回り10%-20%を安定的に稼ぎだす。 2015年末に仮想通貨と出会い、将来的に大きく成長する市場であることを確信する。 趣味は旅行で、マイルを100万マイル貯める仕組みを確立し、好きなときに好きなだけ旅行にいく生活を送る。

-仮想通貨

Copyright© Next Stage , 2018 All Rights Reserved.